So-net無料ブログ作成
-| 2009年01月 |2009年02月 ブログトップ
前の10件 | -

どんぴしゃ! [スピリチュアル]

今朝いつものように瞑想をして、ライトワーカーの磁場へ行く。
地球から伸びている光の橋を渡る。私のほかにも橋を渡っている人たちがいた。
そして磁場へ到着。
私より前に磁場へ来ている人たちを見る。昨日とは違い、みなここが磁場だと分かっている様子。
中には手を取り合って、喜んでいる人たちがいた。
そしてみんなで座り、瞑想を行う。
瞑想を行うと、光のシャワーが降ってきて、それをみんなで受ける。
昨日との違いに驚いた。
きっとたくさんの人が、磁場へ行く事が出来たのだろう。
これから毎日磁場へ行こう。そして仲間とともにここへ立とうと思う。

ここ1,2週間ほど、目の前の事に懸命に取り組んでいたので、忙しくしていたらしい。自分ではそれほど忙しくしているとは思っていなかったが、友人から指摘されて始めて気づいた。振り返ってみたら、よくそれだけできる時間があるなあというほどであった。
そのために、いろいろ自分の中で蓄積されたものがあったのか、今朝の私はなんとなくすっきりとしていなかった。
このままの気持ちでメッセージは受け取れないと判断し、今日のメッセージは受け取るのをやめる。

そして突然「浄化したい!」と強く思ったので、千葉神社へ参拝に行く。
ここにこられた事に感謝し、このざわざわした気持ちを静めるために、今からおみくじをひきますので、お言葉をください、とお願いする。
そしておみくじをひいたら、なんと!今の私にどんぴしゃな言葉が書かれていた。

「今は人のしらぬ胸の苦しみがありますが、さわがず信神(しんじん)して、時の来るのをまち、身をつつしんで行いを正しくすれば、必ず幸を得る時が来ます」

これを読んで、「ああ、そうだなあ~」とすっと納得できた。

千葉神社の中には、社殿と分霊社などがあり、その中に「御柱」が二つある。
「日天神」(太陽)と、「月天神」があって、それぞれの御柱に触れる事により、ご加護が得られる。
私は月天神の御柱に触れると、いつもなんとなく感じるものがあって、今回もエネルギーをいただこうと、両手を御柱にぺたりとつけた。
すると、両手がすう~っと御柱に吸い込まれそうな感覚になり、それにつられて頭も御柱に触れたいと感じ、おでこを御柱につける。そうすると、おでこもすう~っと御柱に吸い込まれそうな感覚になって、とても気持ちよかった。今までにない感覚だったので、とてもありがたいと思った。私のざわざわした気持ちを、すべて持っていってくれたのだろう。

月天神様からのエネルギーをいただき、それまであったざわざわした感覚が、すっきりとしていつもの自分に戻ったのが分かった。
浄化したいと強く思い、それにしたがってすっきりとしたので、千葉神社に行ってよかったと思った。
十分なご加護を受け、余計なものを手放し、元の自分に戻った。

それにしても、おみくじの言葉が、今の私にどんぴしゃだったので、本当に驚いた。
神様は何でもご存知なのね~。
これからも何かあったら、千葉神社へ行こう!
nice!(0) 

ライトワーカーの磁場 [スピリチュアル]

「祈りの会」で、ライトワーカーの磁場が出来たと言われた。思ってもいなかった事だったので、とても嬉しかった。
そして次の日のメッセージで、新たにサポーターに加わった惑星の方々が、磁場で待っていて、そこに行けば彼らのエネルギーを、与えてくれるとの事だった。

祈りの会の日に、自分が磁場にいると分かったが、それがどのようなものなのかが、まだ見えなかった。
それから何回か磁場に行ったが、光の場所という以外、他には何も見えなかった。
という事は、他のライトワーカーの方々も、磁場に行く事が出来ていないのかもしれないと、思った。

磁場が出来たと言われても、多くのライトワーカーは、それがどのようなもので、どうやってそこに行けばよいのかが分からないのではないか?
せっかく磁場が出来ていても、ライトワーカーたちがそこにたどり着いていないので、私も明確に見ることが出来ないのかもしれないと思い、夕方もう一度、磁場へ行く。

そうしたら、まだ全体ではないが、どのようになっているのかが、見えた。

目をつぶり、「ライトワーカーの磁場を見せてください」と口に出し、瞑想する。
私の場合は、宇宙が見えてきて、気づくと磁場の上にいる。
そこは宇宙の中の大地のようになっていて、その上に自分がいるのが見える。
今まではここまでしか見えなかったが、今回は違った。

何となく光を感じて横を見ると、光の帯のようなものがずっと伸びている。それがどこまで続いているのか見てみると、地球までつながっていた。光の橋といったらよいのだろうか、そこを地球から渡ってきている人たちが見えた。きれいなカーブを描いた橋である。
光の橋を使って、磁場へ来ればよいのだと思う。

それから自分の後ろを見ると、何人かのライトワーカーたちが見えた。彼らはあたりをキョロキョロ見渡していた。ここが磁場なのだろうかと、とまどっているように見えた。自分が磁場に来ている事が、分からない様子であった。

それから透明なドームが磁場を覆い、そこから無数の光が降ってきた。雨のように光が一斉に降ってきて、それを身体全体で受ける。光のシャワーのようであった。それは私を圧迫し、上から押さえつけられるような勢いがあった。けれどとても心地よく、いつまでもそこに留まっていたいと思うようなものだった。
きっとこれが惑星の方々が言っていた、エネルギーなのだろうと思った。
「ありがたい」とつぶやく。

今回磁場での体験を通して、ライトワーカーの皆さんに伝えたい事は、自分が見える事、感じる事に、自信を持つ事。
皆さんが自信をもてば、それだけ磁場にスムーズに行く事が出来ると思う。
磁場に行っているのに、ここがそうなのだろうかと思っている人たちをたくさん見たので、今回の私の体験を読んで、自信を持って欲しいと思う。
皆さんの自信が、他のライトワーカーたちを、磁場へ導く事になる。それを忘れないで欲しい。
そして光のシャワーを是非体験して欲しい。

nice!(0) 

最近の息子 [日常]

息子は小学4年生で、最近親のいう事を聞かなくなっていた。反抗期かな?と思いながら見ていたが、言動が気になったのでそれについて話をした。

「君が言っている言葉は、ほとんどマイナスの言葉だよ。 ママが言った事に返事をしないし、最近は嫌だ、めんどくさい、うざいという言葉しか聞いた事がないけど。そんな言葉ばかり使っていたら、毎晩ハグハグ攻撃だからね!」と言ったら、「それだけはやめて~!」と叫んでいた。

ハグハグ攻撃とは、夜寝る前に子供をギュ、ギュ、ギュ~ッと抱きしめ、最後にほっぺにチューをするというもの。
小学1年生の娘は、ハグハグが大好きで毎晩必ず行っている。
それを昨日息子にも行ったら、うわあ~!!と言いながら、チューをしたほっぺを布団で拭いていた。
母親からそのような事をされると、恥ずかしいらしい。

ハグハグ攻撃をされるのが嫌だったのか、それ以降の息子の言動が変化した。
「お風呂に入りなさい」といえば、いつもは「嫌だ、まだ後で」や、「んー」という返事だったのが、
今日は「はい!」と答えたので、びっくり!その後も全くマイナス言葉を使わなかった。

寝る前に、「今日はマイナス言葉を使わなかったね。自分で気をつけたんでしょ?」と聞くと、「だってさあー」といいながら、くすくす笑い始めた。ハグハグ攻撃を思い出したのか、長い間くすくす笑っていた。それを見て、私も笑った。娘も笑った。

日常の何気ない一コマだけれど、それがかけがえのない宝物になる。

nice!(1) 

「祈りの会」で体験した事 [スピリチュアル]

25日、ミクシイ内のコミュニティ「ライトワーカーへ 光のメッセージ」企画の、「祈りの会」に参加する。
その日一日、自分が出来る時間で、自分がよいと思う時間で祈るというもの。
一つだけ、「地球を光で包む」事を、共通の目的とする。

私は日中、家族と出かけたので、車の中で地球に光を注ぐ。短い時間であったが、とても満ち足りた感じがあった。
そしてお風呂の中でも行う。その時には、両手が勝手に動き出す。
両手で丸い形を作ったので、これはひょっとして地球かも?と思い、そこに自分の光を注ぐ。
手が勝手にいろんな動きをして、(内側でぐるぐる回したり、横に動かしたり)動きが止まったので上を見上げると、天使たちがいた。
「あ~、やはり天使たちは来てくれたんだ」と思い、顔をもとに戻すと、手が真っ直ぐ伸びる。伸びた先を見ると、一人の天使が目の前にいる感じがした。そしてその天使と私が、手を取り合っている感じがした。
そして両手を私の前で交差させ、それを胸元にもっていく。
「ありがとう」と、つぶやいた。

その後、寝る前にも祈りを行う。
その時もすぐに両手が動き出し、前回と同じ丸い形を作ったので、そこに私の光を注ぐ。
このように手が動くというのは、祈りに参加している人たちの思いを感じ取っているのだと思う。
両手が様々な動きをして、最後は両手で地球を抱きかかえ、自分の中に地球をを入れる。

素晴しい体験だった。祈りを行っている間中、とても気持ちよかった。
私が地球に光を送る事で、地球からも光を受け取っているからだろう。

そして自分が、いつもと違う場所にいるような感覚を持っていた。
ひょっとしてこれは、新しい磁場にいるのではないか?だとしたらライトワーカーの磁場だ!と思って、その磁場をよく見た。
そこは光輝く場所だった。

今日のメッセージ(異次元からのメッセージ 1月26日「天使たちと惑星たちより 『ライトワーカーの磁場』)を受けて、ライトワーカーの磁場が出来た事を知る。
素晴しい!
祈りの力で、共通の磁場が出来るなんて!
たくさんの人たちの共通の祈りが、これほどまでの力を持っている事に驚き、喜んだ。

私たちは、共通の磁場に立っている。
そして強くむすばれている。

nice!(1) 

集団の光 [スピリチュアル]

今日のメッセージを受けて(1月23日 「集団の光」)、お話会のメンバーでやってみよう!と、突然思いたつ。
一人で届ける光はもちろんのこと、これからは集団で光を送る事を、体験してください!というメッセージだった。

それを思い立ったのが、お昼前で、メンバーに連絡をして13時に集まる事にする。
突然の思い付きにも関わらず、なんと全員が(6人)集まる事が出来た。
2,3人集まればいいかなあと思っていたので、全員その時間に都合がついた事が、奇跡のように思えた。
そしてやはり導かれているのだと、目に見えない存在たちに感謝する。

さて全員が集まり、精神を統一して、場を浄化するというエンジェルチューナーを、数回鳴らす。キ~ンと、とても良い音が鳴る。それを聞きながら目を閉じ、深く入っていく。

まず始めに、天と地のエネルギーをハートに集め、自分を光で包み込む。そして全員の光を融合させ、大きな光を作る。
それが出来たら、地球を包み込むイメージをし、光で地球を包む。その後、小学校でインフルエンザが出たと聞いたので、光を小学校に送る。光を天に送る。そして最後に一人ずつに全員の光を送る。

光を送るのに、決まったやり方はない。集まった人たちで、決めたら良いのだと思う。
今回は、地球に送る事だけを考えていて、その他は集まってこうしようとなったり、何となくそうしたらいいかなと思い、送っている。

終わった後、顔がほてって、手に汗をかいていた。エネルギーの温かさを感じたのだと思う。
一人一人に感想を聞いた。
「顔がほてった、地球にキラキラと輝く光が見えた、光の真中に切れ目が入り、それがピンクや紫色のハートになった、自分に光が来ている時に、圧倒的な光を感じのけぞった、光のうねりを感じた等など、全員が何かを感じていた。

私は顔を上に上げると、天に浮いているたくさんの天使たちを見た。ふわふわと浮かんでこちらを見ていた。そして私たちが座っている間に、一人ずつ天使がいるのを感じた。
やはり天使は来てくれたのだ。光を送ると、天使たちもサポートするので、人数以上の光を送る事が出来るという事だった。それを私たちは感じた。
素晴しい体験だった。

終わった後、全員がとても満足そうな顔をしていた。
私たちが送った光が、大きくなって、私たちに戻ってきた。
「ワクワクする」と、メンバーがつぶやいた。ワクワクする体験、それは本当の自分に戻る事。
今もワクワクしている。

素晴しい体験。集団の光の体験。
これからも定期的に、行って行きたいと思う。


nice!(0) 

私が受け取るサイン [スピリチュアル]

今年に入って、私宛のメッセージを毎日のように受け取っている。
パソコンの前に座ると、右手の中指がぐーっと押される。それがメッセージがあるというサインである。

メッセージの内容は多岐に渡る。私のこれからの事、家族たちの事、私が行った行動についてなど、一日に何度も受け取る場合もある。

自動書記を始めた頃は、エンピツを持ち、大学ノートに書いていた。書くスピードがとても速いので、なぐり書きのようになっていた。時々自分でも読めない字があったりして、解読に時間がかかっていた。

大学ノートを40冊近く書き続けた時、ある人から自動書記にパソコンを使っていると聞いて、あなたにも出来ますよといわれ、その気になってパソコンの前に座ると、手が勝手にキーボードを打ち始めた。それ以来、ノートからパソコンに変える。

パソコンだととても便利なのだが、今度は目が大変疲れるようになった。
それで毎日ブルーベリーのサプリを飲んでいる。
一日のうち、時間があればパソコンの前にいるので、サプリを飲んでいても目は疲れている。さすがに23時を過ぎると目がショボショボしてくる。今もそうなのだが、書きたいという気持ちが強く、このまま続けようと思っている。

さて、今日受け取ったメッセージは、図書館で私が興味を持つ本があるので、それを借りなさいという内容だった。
それで、久しぶりに図書館に行き、スピリチュアル関係の本棚に行くと、突然足が重くなる。
足が重くなるといのは、これもサインで、何かが私の中に入ってきたという事。

今までも足が重くなる事があった。それは神社に行った時や、本屋に行った時によく起きる。
何が入ってきたのかは分からないが、自分の足でない感覚になり、勝手に足が動くような感覚になる。
今日もそのような感覚になったので、小さく「来た、来たあ~!」といいながら、何の本があるのだろうと見た。

そうしたら、今まで何回もその図書館には通っていたが、初めて見る本があって、それだ!とピンときた。
「天国の真実  マシューが教えてくれる天国の生活」という本だった。
そうかあ、この本を読んで、知識を蓄えなさいという事なのね!と理解し、借りる。

以前はむさぼるように、スピリチュアル関係の本を読んでいたが、最近読もうという気になれずにいた。
しかし今日本を借りて読み始めたら、時間のたつのを忘れて読みふけっている自分がいた。
今日借りた本は、すうーっと自分の中に入っていく感じがする。
nice!(0) 

過去世 [スピリチュアル]

いつの時代か分からないが、私は中国で貧しさゆえに、自分の子供を手放した過去世がある。

お風呂に入っていたら、突然その事を思い出した。
過去世の私が、夫と泣いている姿が見えた。まるでフラッシュバックのように映像が出てきて、子供を思い号泣している自分がいた。お風呂の中の自分も涙を流していた。

この過去世は、以前瞑想を行っている時に現れた。
とても貧しい身なりをして、とても質素な家に住んでいた。履物もなく、はだしであった。
夫と二人で一生懸命働いている姿が見えた。そのそばに小さな子供たちがいるのが見えた。
突然場面が変わり、子供たちが誰かに連れて行かれるのを見ていた。お金と引き換えに子供たちを売ったのだと思う。
大きな悲しみが私を襲い、夫と号泣している姿が見えた。

その悲しみがお風呂に入っている私にやってきた。これは追体験をしているのだと思い、思いっきり泣いた。
泣き止むと、私の上にふわっと誰かが覆いかぶさってきた。天使だと思った。
天使が私の悲しみを癒してくれているのだと思った。
そして過去世の私が、私から離れて、その時の夫とともに、微笑を浮かべながら上に上がっていった。

この体験で、過去世の私が癒されたのだろうか?
思いっきり泣いたので、今の私は、すっきりとしているし、良かったと思っている。
だから過去世の私は、光へ戻ったのだと思いたい。


nice!(0) 

アンダラ [スピリチュアル]

月に1回、光の仲間たち5人と、お話会を開いている。
それぞれが体験した不思議な話をシェアしたり、私の体験を話したり、和気あいあいと楽しい時間を過ごす。

今日は私が手に入れた、アンダラをお披露目した。
アンダラとはクリスタルの事で、アメリカ・カリフォルニアのシャスタ山のふもとで発見された。インドネシアでも発見されたとの事。
この石は、直接DNAに作用するとの事で、大変パワーを持っているそうだ。波動の高い石なので、アンダラで自分の波動を上げる事も可能との事。そしてよくしゃべる石らしい(?)

私がアンダラを初めて見たのは、あるホームページの、グリーンアンダラ(アンダラには色が何種類かある)の写真。それを見た時、「わあ~っ」と、声をあげたくらい、大変ひきつけられた。その石を一目見て、頭から離れなくなり、とっても気になって、ついに購入してしまう。(グリーンアンダラ)

それを今日のお話会に持って行き、皆にアンダラを体験してもらおうと思った。
アンダラウオーターを作る事が出来るので、作って試飲してもらった。作り方はとても簡単で、水の中にわずか2~3秒入れればよいとの事である。
たったそれだけで、本当にアンダラウオーターなるものが出来るのか?と思いながら、皆に飲んでもらう。
アンダラを入れない水と、アンダラウオーターとを飲み比べてもらう。(アンダラウオーターは、解毒作用があるとの事)
すると・・・・! 全員が味の違いに驚いた。
アンダラを入れない水は、さらっとしているのに対して、アンダラウオーターは、トロッとしていて、味がまろやかになっていた!  ほんの2~3秒入れただけなのに、この違いに、一同大興奮!

それから一人一人に、アンダラを握ってもらい、(アンダラは自分で浄化できるらしいので、誰でも触れる)アンダラの感覚を味わってもらう。
「脈打ってる感じがする」
「なんだか温かい」
などと、皆さんアンダラから何かを感じている様子。

購入した当初、私は何も感じなかったので、アンダラだったら何か証拠を見せて欲しいなあと思いながら握っていたら、突然アンダラが熱くなったので驚いた。
そして今日の皆の反応を見て、ほんとに生きているようだと思った。

それからお話会では、アンダラが大人気となり、お話し会が終わるまで、アンダラはずっと誰かの手の中に入っていた。


夜、子供にもアンダラウオーターを飲ませてみた。最初は普通の水を飲み、次にアンダラウオーターを飲んだ息子は、「えっ!?何!?味が変わった!」と、とても驚いていた。子供でも分かるのだ。

そして先ほど、アンダラを握って瞑想していたら、握っている手が勝手に動き始め、小刻みに動いたので驚いた。
今までそのような動きをした事がなかったので、面白いなあと思いながら楽しんだ。
きっと今日のメンバーの意識がアンダラに入り、それが増幅されて私に入ったのだと思う。
すごいなあ、アンダラ!

今度はアンダラと話が出来るようになりたい。よくしゃべるらしいので、楽しみである。

ちなみに、アンダラはニセモノも出回っているので、正式にアンダラを扱う代理店で購入した。


アンダラちゃん、今日のステキな体験を、ありがとう。




nice!(0) 

本当の自分に戻る [スピリチュアル]

最近、スピリチュアル関係の本が増えたなあと思う。様々な人が様々な事を言っている。
それらを読んだり、人から聞いたりして思ったのは、「内なる自分に向かう」という事。

今まで外に意識を向けていたために、自分以外に意識を向けていたために、いろんなものにぶつかり、葛藤してきた。
しかしこれからは、外に意識を向けるのではなく、自分に向かって行く。

それが天使たちの言う、惑星の方々が言う、「光」ではないかと思った。
「内なる自分に向かう=光に向かう」方法は、様々な人たちが伝えている。
表現方法が違うだけで、みな同じ事を言っている。

瞑想を行う、ハイヤーセルフとつながる、ワクワクする事を毎瞬選択する・・・
自分に合った方法を見つけ、それを用いて、内なる自分に向かっていけばよい。
どの方法が良いとか、これしかないと思い込むのではなく、心を柔軟にして、人に無理強いする事なく、自分に一番合った方法で、光に向かえばよい。

その方法を用いるのが大切なのではなく、それを用いながら、自分に向かって行くことが大切。
内なる自分に向かうという事は、本当の自分に戻るという事。
本当の自分で生きれば、とても楽になる。

本当の自分に戻る時がやってきた。
本当の自分に戻れる次元が、やってきている。

今まで自分を守ってきた重い鎧を脱ぎ捨て、身軽で自由な自分に帰ろう。


nice!(0) 

水晶のイルカ [スピリチュアル]

何日か前、水晶のイルカがとっても欲しくなり、ネットで検索した。
どうしてこんなにイルカが欲しいのだろうと、不思議に思いながら探していた。

そうしたら、指が重くなった。(指が重くなる時は、メッセージがあるというサイン)私の守護天使からのメッセージだった。
メッセージは、イルカが私のそばにやってきていて、水晶のイルカを購入して欲しいとの事だった。
それで、水晶のイルカを欲しいと思ったのだ!と納得した。

その後、「イルカの意識」からもメッセージを受け取った。
イルカたちは、いろいろと私に伝えてきた。
・イルカはつながっているものではなく、一つずつになっているものがよい。
・色は私が気に入ったものでよい。
・ネットで購入してもよいが、以前訪れたお店に行って買うほうがよい。
・アンダラが仲間を欲しがっている(アンダラに関しては後日書こうと思っている)
などと言われたので、そんなものかしら?と思いながら、次の日早速石のお店に行った。

そこには多くの水晶のイルカが置いてあり、たくさんあって迷うほどだった。
その中から、ローズクオーツイルカと、クリアイルカと、ブルーの色をしたイルカを購入した。
しかもセール中だったので、いつもより安く購入することが出来た。
イルカたちは、セールをしている事を知っていて、お店で買うほうがよいと伝えてくれたのだろうか?
そうだとしたら、とてもありがたい。

家に連れて帰ったイルカたちを浄化し、家にいる水晶たちと一緒にする。
その後「イルカの意識たち」が喜んでいると、メッセージを受け取る。

イルカとご縁ができ、新しいブログのデザインを、イルカにする。
イルカさんたち、これからよろしく!
nice!(0) 
前の10件 | -
-|2009年01月 |2009年02月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。