So-net無料ブログ作成
検索選択

江の島に導かれて [スピリチュアル]

勤労感謝の日に、家族と神奈川県藤沢市にある、江の島へ出かけた。
夫が計画していたので、私は何の予備知識もないまま、また初めて訪れる場所なので、ワクワクしていた。
そして前日に、龍神さまからメッセージを受け取った。

「明日そなたが行く場所は、そなたに必要だから是非行きなさい。
そなたを待っているものがいる。そのものに会ってきなさい。
そなたを待っているものがいる。行けば分かる。」

私を待っている人がいる?誰だろう?と不思議に思ったが、行けば分かると言っているから、とりあえず行ってみようと、江の島を調べる事なく、出かけた。

そして行ってみて分かったのが、江の島は、「龍神の島」だった。
龍が守る島だという事が分かり、私を待ってくれている方は、龍神さまだった。
そして龍神さまだけではなく、弁天さま、不動明王さままでいらっしゃった。

島のあちこちに神社や寺があり、参拝するとすべての神社、寺から声が聞こえた。

「青龍、よく参られた。我らはこの地を守るもの。我らの守りを受けなさい。」

という、ありがたい言葉をいただいた。

弁天さまは、大変きれいな女性の声で、お役目をねぎらってくださった。
不動明王さまは、太い男性の声で、お役目を最後まで遂行するよう、力強くおっしゃった。
当日は天気も良く、温かかったので、大変な人出だったが、参拝をする人たちは少なく、私は心ゆくまで、神さま方と話をする事が出来た。

龍神さまに参拝した時、神社にあるお守りがビジョンとして見えた。
龍神守と、御塩(みしお)守だった。
それを購入し、身につけよという言葉が聞こえた。
そして寺本さんとOさんにも、同じものを身につけさせなさいという事だったので、3人分のお守りをいただいた。

御塩守りは、神社で清められた塩が入っている。ストラップになっているので、早速携帯につけた。
3371565
(御塩守  液体の中に塩が入っていて、さらさらと塩は動く)

龍神守りは、いつも身につけている石たちと一緒に、身につけている。
龍神守りを手に持って目をつぶると、龍が私の身体をぐるぐる巻いているのが見えた。
別な日には、今まで見たことのない龍が、じっと私を見ていた。
Oさんは、龍神守りを身につけて、身体がポカポカしたと言っていた。
3371566
(龍神守  後ろは龍神のしっぽと、江島神社と書かれている)

江の島を守っている龍神さまや、弁天さま、不動明王さまが、私たち3人の龍を、守ってくださっている。
ありがたい事だ。

今回江の島に渡り、行く先々でありがたい言葉をいただき、心がとても温かくなって、魂が喜んでいるのを、ひしひしと感じた。
家に帰り、お風呂に入った時、目の前に龍神さま、弁天さま、不動明王さまが見えた。
神さま方から歓迎され、ねぎらいの言葉までかけていただき、私は本当に幸せ者だと思う。



人気ブログランキングへ
  [ぴかぴか(新しい)]共感していただけたら、クリックをお願いします
nice!(3) 

nice! 3

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。