So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ブログを引っ越します! [お知らせ]

「光の道を歩む」ブログを始めてから、ちょうど一年がたちました。
新しい年も明け、光の時代に突入しましたので、これを機にブログを引越しします。

よろしくお願いいたします。

http://ameblo.jp/ryujin-angel/
nice!(1) 

第13回 愛と光の「祈りの会」開催のお知らせ [「祈りの会」]

皆さん、こんにちは!
新しい年になって初めての、「祈りの会」です。
一人でも多くの方の参加を、お待ちしています。
詳細は下記の通りです。
よろしくお願いいたします。



「第13回 愛と光の「祈りの会」の開催のお知らせ

開催日時 2010年01月17日(どの時間帯でも何分でもOK)
開催場所 都道府県未定(宇宙のどこででもOK)

みなさま、遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます。

お勤めや学校も始まり、すっかりお正月気分の抜けてきた昨今ですが、皆様如何お過ごしでしょうか。


さて、1月の第3日曜日であります1月17日(日)に、恒例の月例イベント、第13
回 愛と光の「祈りの会」を開催いたします。

新年最初の祈りの会、皆様におかれましては、各自の居る場所で、都合の良い時間だけごご参加頂けま
したら嬉しく思います。


詳細は以下になります。

-----------------------------------------------------------------------
日時     :  1月17日 (日)

時間     :  各自都合のよい時間帯

祈りの時間  :  各自納得のいく時間

祈りの内容  :  地球を光で包み込むこと (それ以外はどんな言葉、どんな内容も自由)

-----------------------------------------------------------------------
      みなさまの心からの純粋な祈りが地球を包み込み、さらなる愛と光と平和が地上に訪れる
ことを願います。」


人気ブログランキングへ
  [ぴかぴか(新しい)]ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします。
nice!(2) 

選択したものを、見せられる [スピリチュアル]

去年末から今年にかけて、人々が選択したもの(光とそれ以外)を、何度も見せられている。
これまで天使たちや異次元たち、そして龍神さまや精霊たちから、たくさんのメッセージを受け取り、光に生きるという事を伝えてもらった。
光を選択し、光の生き方を実践する事の大切さを、何度もメッセージで伝えられた。
ただ光を選択すればいいというわけではなく、光を選択し、さらに光の生き方を実践して初めて、光を選択したと言える。
その期限が、去年までだという事だった。

今までは何とか光に行って欲しいと思い、一人でも多くの人に光の話をしてきたが、それは自分のエゴだと思い、人の選択の自由に任せた。
光を選択したいと思う人、そうでない人もいるわけだから、それはそれで良いのだと思う。
そして年末から今年にかけて、それぞれの選択を見せられた。

ある人は離婚して、光を選択していた。
ある人は、不平不満を言い続け、とうてい光を選択したとは思えなかった。
ある人は、光を選択したと思い込んでいたが、選択したものは、光以外の何物でもなかった。
次から次へと見せられ、私には人の選択が、ハッキリと分かるようになっていた。

今年に入って、それはもっと顕著になっているのだと思う。
ある人は、たくさんの光の現象を見せられているのかもしれない。
ある人は、思うような生き方が出来ず、苦しんでいるのかもしれない。
そうやって日々見せられる現象が、あなたの選択を物語る。

「自分が選択したものを、嫌と言うほど見せられる」
龍神さまのメッセージにあったように、自分が選択した世界を、これからどんどん体験させられるのだろう。


私の娘が食事をしている時に、こんな事を言った。

「ママ、今は夢の中じゃないよね?」

「どうしてそんな事聞くの?」

「私は夢の中かそうでないかが、時々分からなくなるの。だから聞いているの。」

娘の言う、「夢の中」とは、異次元の事を言っているのだろう。
娘は異次元と3次元を、行ったり来たりしているのかもしれない。
それも意識する事なく、自然に行なっている。
娘はすでに、光の中に生きている。

それを裏付けてくれる出来事が、先日あった。
成田山新勝寺に行き、不動明王にお礼を伝えた。
お護摩の炎の中に、不動明王が現れた。
光の柱を建てる際に、守っていただいた御礼を伝えると、私の労をねぎらってくれた。
そしてこのように言われた。


「青龍、今この世は、光に満ち満ちている。」


光に沿って生きている人は、光に満ち溢れた世界で、輝いているのだろう。
天から光のシャワーが降り注がれ、上空にいる龍と鳳凰が、光を届けてくれている。
まるで夢かと思うような世界を、見せられる。
そんな素晴しい世界に、光を選択した人はいるのだ。


      
人気ブログランキングへ
  [目]ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします。
nice!(3) 

空に現れた印 [光の柱プロジェクト]

新しい年が明けた。
光の柱が全て建ち、鳳凰の玉も全て埋められ、迎えた新しい年、光の時代。
光に沿って生きている人は、光の生き方を実践している人は、喜びに満ち溢れた一年となるだろう。
光を選択し、光を実践している事が、証明される年となるだろう。

3455326
(2010年元旦の太陽)

今朝空を見上げると、何かいる気配を感じ、意識を集中すると、大きな龍が見えた。
色はついていなく、透き通るような透明な龍だった。
龍は、空をゆったりと泳いでいた。
龍神さまから、龍が動き始めたというメッセージをもらっていたので、いよいよなんだと、しばらく龍を眺めていた。

その後メッセージを受け取った。(一部省略)

「青龍よ、そなたが見た龍は、これからの世を導くもの。
龍が目覚め、いよいよ龍が動き出す。それをそなたは見た。
そなたが見た龍は、透明であった。それはこれから動く事によって、色をつけていく。

龍は動き始めた。いよいよである。
これを人々に知らせなさい。

龍が動き始めた。龍が動く事で、人々を光へ導く。
光に沿って生きている者は、これから光の世を見るであろう。
それを知らせなさい。」


その後外出し、空を見上げると、たくさんの龍が空にいた。
大空いっぱいに、龍たちが見えた。
一匹だけではなく、龍は無数にいるように見えた。
すばらしい光景だった。
そして山の上には、鳳凰もいた。
山いっぱいに翼を広げた鳳凰が、空を飛んでいた。
空を見上げると、そこかしこに龍と鳳凰がいた。
これからは、毎日龍と鳳凰を見るのだと感じた。

そしてその後、新たなメッセージを受け取った。(一部省略)

「青龍、これからは光を選択した者と、それ以外を選択した者と、ハッキリ差が出てくる。そなたと共に光を選択した者は、光を実感できる。
光を感じ、光の存在を確信できるであろう。それがこれからの世である。
それについてこれない者たちは、残念ながら苦しみが待っている。

青龍、何事も人の意識である。
何を選択し、何を実践しているかによって、全く生き方が違ってくる。それをこれから嫌というほど、体験するだろう。
人は自分の選択した道を、嫌というほどこれから体験させられる。

光を選択した者には、すばらしい出来事が待っている。
それ以外を選択した者は、ただただ苦しみ、後悔するだろう。
それがこれから待っているもの。それがこれから見せられるものである。
人は自分が選択したものを、これからハッキリと見せられる。

青龍、龍と鳳凰は光に生きている者に、祝福を与える。
彼らは光に沿って生きている者を、空から探し、光を与える。それが彼らの役目。
光に沿っていれば、絶えず彼らの祝福を受ける事が出来る。

青龍、いつも空を見上げなさい。そして人々にそれを知らせなさい。
光に沿って生きている者たちは、龍と鳳凰の祝福を受ける事が出来る。
それを知らせなさい。」


光に沿って生きている人たちは、空から龍と鳳凰が見守り、彼らの祝福を受け取る。
龍と鳳凰は、空から光輝いている人たちを探し出し、光を与えるのだろう。
それを受け取った人たちは、龍神さまの言う、すばらしい出来事を体験する。
そして自分が光を選択し、光に生きている事を、実感する事が出来る。



人気ブログランキングへ
  [ぴかぴか(新しい)]ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします
nice!(4) 

東北地方を任された、もう一つの役目について [光の柱プロジェクト]

日光に光の柱を建てた帰りの車の中で、私たち3人は、今までの柱とこれから建てる(札幌)柱をつないだら、どんな形になるだろうという話しをした。今まで柱を建てた場所を線でつないだら、どんな形になるんだろう、龍の形になるんじゃないかと、ワクワクしながら話しをした。そして寺本さんが、日本地図を拡大印刷してくれて、柱を線でつないでくれた。(詳しくは、寺本さんのブログ2009年12月16日「光の柱プロジェクト・その24」を読んでください  http://loonydiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/24-d9fb.html

光の柱は、やはり龍体をしていた。九州が龍の頭で、札幌が龍の尻尾の形となっていた。
龍の身体の中には、富士山も入っていた。今回柱は富士山には建てなかったが、しっかりと龍体の中に含まれていた。
龍体の日本地図を見ていて、あれっ?と思った事があった。
龍体が全く含まれていない地域が、あったからだ。

そこは信州~東北地方にかけてだった。
そこだけがごそっと抜けたようになっていた。
どうしてそこだけ龍体が入っていないのだろう?
何か意味があるのだろうかと思い、龍神さまに聞いてみた。
すると龍神さまは、驚きのメッセージを伝えてくれた。
にわかには信じられない内容で、だけどそれもありえるだろうと思えるものだった。

メッセージは、11月20日に受け取ったもの。
まだ全ての柱が、建つ前のものである。



「今日は新たな展開を迎えたので、それを伝えるためにやってきた。
新たな展開とは、そなたたちが建てた光の柱についてである。
光の柱を地図上で見ると、龍の身体として見える事を、白龍(寺本さん)が伝えてくれた。そなたたちも納得したであろう。

龍の形は意味を持ち、そなたたちを新しい思いへと導く。
龍体を良く見ると、龍体の中に入っている場所、入っていない場所とあるのに気づく。
龍体の入っている場所は、龍の地脈となっている。龍体に入っていない場所は、他の役目がある事を意味している。

龍体になっている場所は富士を始め、日本にとって必要な山脈、神社が建てられている。龍体の中に入っている神社は、龍によって守られている。
これは神社に龍が祀られているという事ではなく、霊的に見てという意味である。

そして龍体に入っていない場所は、これから岩戸開きが行なわれる。龍体に入っていない場所は、鳳凰が守る場所。鳳凰によって岩戸開きが行なわれる。
それは主に東北地方である。日本海側は、鳳凰によって守られる。
岩戸開きにはそなたたちではない、他の者が選ばれ、そなたたちと同じように岩戸開きを行なっている。

その者たちも、そなたたちと同じ志を持って、岩戸開きを行なっている。
彼らは鳳凰が持つと言われる玉を、埋めている。
2人でそれを行なっている。
鳳凰は彼らを守り、導いている。鳳凰たちの旅も間もなく終わる。

そなたたちの光の柱と、鳳凰の玉がすべて終われば、日本は光り輝くようになり、人々は自ら振り分け作業を行なう。
振り分けとは、光に沿うのか、光以外に沿うのかという事である。それを自分で決める。決めると言っても、それまで自分が行なってきた行いによって、自然とそちらの道を選ぶという事である。

龍たちよ、すべての光の柱が建ち、すべての玉が埋められた時、日本が光輝き始め、人々は自分の行く道を、見る事になる。
日本がそれを行なえば、世界に光が波及していく。
そうやって人々は、自分たちの道を選択するのである。
そなたたちはそれを目撃する事になる。
人がどうやって自分の道を選択するのか、そして選択したらどうなるのか。それをそなたちは、目の当たりにする事になる。

龍たちよ、人はすでに自分の道を選択している。後はそれに従うだけである。
今までのような玉石混合の世は終わり、きっちりと分けられた世界へと移行する。
それがこれから行なわれる。
完全なる棲み分けが行なわれるのである。」



私たちと同じような役目の人たちが、東北地方を担当し、鳳凰に守られ、鳳凰の玉を埋めるというメッセージ。
私たちと同じような役目の人たちがいるという事に驚き、その人たちが鳳凰に守られている事にワクワクした。
私たちが光の柱を全て建て終わった時には、彼らの玉もすべて埋められたのだろう。

今日本は光輝いている。その輝きによって、人は自分の行く道を選択する。
そして光を選択した人たちと、それ以外を選択した人たちの世界が、きっちりと分けられ、そこに移行するのだろう。
それが龍神さまたちの言う、「完全なる棲み分け」である。

棲み分けの期限は、今年いっぱいだと思っている。
後わずか数日である。
それまでの生き方が、これからの世界を決める。

果たして、あなたはどちらに行くのだろう?




人気ブログランキングへ
  [ぴかぴか(新しい)]ランキングに参加しています。共感していただけたら、クリックをお願いします
nice!(1) 

大晦日~元旦の、祈りのイベントへのお誘い [スピリチュアル]

皆さまこんにちは!
今回は、大晦日から元旦にかけての、特別な祈りのイベントをご案内します。

光の柱が全て建ち、新しい年に向けて、光が隅々にまで満ち溢れるよう祈りを込めまして、行いたいと思います。
たくさんの方の参加を、お待ちしています。


今日は子供たちと一緒に、映画「ティンカーベルと月の石」を観てきました。
映像の美しさに目を見張り、妖精たちの楽しそうな生活を見て、私も妖精の一人となり、映画の中に入り込んでいました。
映画が終わってから、トイレに行き、手を洗っていると、どこからか、がやがやと小さな複数の声がしました。
私の耳元で、「ねっ、映画、楽しかったでしょ?」という声が聞こえました。
妖精たちが、私の耳元で嬉しそうにささやいていました。
トイレの鏡を見ると、何人かの妖精たちが、私の顔の周りを飛んでいるのが見えました。

こんな世界を、光に生きている全ての人に、味わってもらいたいと思います。
今回の祈りが、その世界を少しでも引き寄せる事になりますよう、祈らせていただきます。





「大晦日~元旦 地球の平和を祈念しましょう。

開催日時 2010年01月01日(2009年12月31日から。)
開催場所 都道府県未定(宇宙のどこででも。)

皆さん、こんにちは。

急な告知で誠に恐縮ですが、今年の締め括りの祈り、および年明け最初の祈りを皆で一緒にできたら素
晴らしいと感じ、イベント立てさせて頂きます。

例月の月例イベントは終了しましたが、何かと大きな変化を感じた本年を締め括る大晦日、また新たな
年を迎えたばかりの元日にそれぞれ我等が地球の平和を願い、祈りたいと思います。


奇しくも2010年の元日は満月であり、また明け方には部分月食が観測されるそうです。



方法や時間などは、地球の平和を念じる事以外は各自自由です。

大晦日と元日の両方でも、どちらか片方でも構いません。
1~2分でも、1回でも構いません。
各自のできる範囲でご参加下さい。


地球を光で包むイメージをしてもよいし、何らかの言葉を唱えてもよいし、ご自分のお好きな方法で、> お好きな時間帯に、お好きな時間だけご参加頂ければ有難く思います。

--------------------------------------------------------------
★日時     2009年12月31日および2010年1月1日のそれぞれが
        参加できる時間


★祈りの時間  各自自分が納得いく時間で

   
★祈りの内容  各自自分が思い描く平和への願い。祈り。
--------------------------------------------------------------

よろしくお願い致します。」



人気ブログランキングへ
  [ぴかぴか(新しい)]共感していただけたら、クリックをお願いします
nice!(2) 

磁場から見た地球 [スピリチュアル]

20日(日曜日)は、「祈りの会」の日だったので、お風呂に入った時に、磁場へ行き、地球に光を送った。
いつも通り、タコさんが迎えに来てくれた。タコさんの背は私のひざくらいの高さで、つぶらな瞳が真っ直ぐに私を見ていた。
タコさんと一緒に、ゆっくりと歩き、磁場へ行った。

磁場は宇宙の一部になったかのように、宇宙に溶け込んでいた。
どこから磁場が始まり、どこで終わっているのかも分からないほど、宇宙空間の中に溶け込んでいた。
私はそこに立って、辺りを見渡していた。

どこからともなく、たくさんの光の存在たちが、やってきた。
様々な姿形をして、静かに微笑み、私の横にずらっと並んでくれた。
彼らと共に、地球に光を送った。

光は以前より数段も、パワーアップしているように見えた。
力強い光の束がたくさん、地球に向けて送られていた。
光を送られた地球は、キラキラと輝いていた。

ふと地球の上を見ると、もう一つ同じような地球があるのが見えた。
そちらの地球も光っていたが、輪郭がはっきりしていなく、とても繊細に見えた。
新しい次元の、地球ではないかと思われた。
そして地球から、新しい次元の地球へ、飛んでいく人たちが見えた。
飛んでいる人たちは、新しい次元の地球に、とても簡単に入っているように見えたが、一方でそこに入れない人たちもいた。
入れない人たちは、新しい次元の地球から跳ね返されていた。
どんなに入ろうと思っても跳ね返され、入る事は出来ないようだった。

私は興味が湧き、新しい次元の地球に近づいてみた。
すると身体がふわっと浮いて、吸い込まれるようにして、中に入って行った。
中は光輝いていた。そしてとても心地よかった。
光で何も見えないようだったが、目が慣れるとそばに人がいるのが見えた。
友人たちが、光輝いて立っているのが見えた。
みな素晴しい笑顔で、光輝いていた。
「あ~、もうここに来ているのね~」と思い、嬉しくなった。

磁場から見た地球に、新しい次元の地球が出来ていた。
そしてそこにスッと入る事の出来る人たちと、跳ね返される人たちがいた。
入れる人と、入れない人の差は、何だろう?
光に沿って生きているか、いないかの違いだろう。
光を選択しても、光の生き方を実践していない人は、跳ね返されるのかもしれない。
毎日光の生き方を実践している人は、すんなりと入る事が出来るのだろう。

光の生き方を実践している人は、夢の中や、イメージの中で、新しい次元の地球に、すでに行っているのだと感じた。
光の生き方を実践していても、そんなところには行った事がないと思っている人は、行った事を忘れているだけだと思う。
毎日光に生きている人は、自信を持って欲しい。
あなたは必ず、新しい次元の地球へ行っている。



人気ブログランキングへ
  [ぴかぴか(新しい)]共感していただけたら、クリックをお願いします
nice!(3) 

第12回 愛と光の「祈りの会」 [「祈りの会」]

毎月恒例の、「祈りの会」のお知らせです。
今月は20日(日曜)になります。
今年最後の会になります。
よろしくお願いします。



「第12回 愛と光の「祈りの会」の開催のお知らせ

開催日時 2009年12月20日(自分の好きな時間帯、長さ。)
開催場所 都道府県未定(宇宙のどこででも。)

みなさまこんにちは!

早いもので、今年も最後の月となってしまいました。本格的な寒さを迎え、皆様如何お過ごしでしょう
か。

さて、12月の第3日曜日であります12月20日(日)に、恒例の月例イベント、第
12回 愛と光の「祈りの会」を開催いたします。

冬至の少し前になります。

本年最後の祈りの会、皆様におかれましては、各自の居る場所で、都合の良い時間だけごご参加頂けま
したら幸甚に思います。


詳細は以下になります。

-----------------------------------------------------------------------
日時     :  12月20日 (日)

時間     :  各自都合のよい時間帯

祈りの時間  :  各自納得のいく時間

祈りの内容  :  地球を光で包み込むこと (それ以外はどんな言葉、どんな内容も自由)

-----------------------------------------------------------------------
みなさまの心からの純粋な祈りが地球を包み込み、さらなる愛と光と平和が地上に訪れることを願いま
す。」



人気ブログランキングへ
  [ぴかぴか(新しい)]共感していただけたら、クリックをお願いします
nice!(2) 

光の柱プロジェクト(札幌) [光の柱プロジェクト]

12月12日(土曜日)、新千歳空港に私と寺本さんと、Oさんは立っていた。
今回の柱は、札幌市にある「札幌村神社」である。
12月の北海道なので、雪対策をして出かけたが、札幌は全く雪がなかった。
気温も9度と暖かく、道行く人は薄いコートを着ていたので、ここが北海道だと思えなかった。
次の日も全く雪が降らず、まるで私たちが去るのを、雪が待っていてくれているかのようだった。雪道に不慣れな私たちを、光の存在たちが雪を止めてくれていると感じた。ありがたい配慮だった。


今回の柱が、最後の柱となった。
九州から柱を建て始め、札幌で合計10個の柱を建てた。
場所は最初に、龍神さまから告げられ、その場所の担当も告げられているので、担当になった者が、場所を探さなければならない。
本来なら、龍一人につき、一つの担当だったが、龍が減って、担当場所をかけもちしなければならなくなったが、それでもすんなりと、場所を探す事が出来たのは、導きによるものだ。
今回の担当は本来なら、別の龍だったが、寺本さんが受け持つ事になっていた。

札幌村神社は、札幌から地下鉄で3つ目の駅を降りた、街中にあった。
空港に着いた頃は、雨が降っていたが、駅を降りた頃にはあがっていた。
いつもと同じだった。
柱を建てる前日や当日まで、浄化の雨が降っているが、柱を建てる時は、必ずやんでいた。
今回もそうだった。

神社を探すために地図を見て、その通りに歩いて行ったのだが、私たちはなぜか神社とは反対の方角に歩いていた。
少し歩いて、全く神社が見当たらないので、おかしいと思った時、人間のような姿をした精霊が、前方の電柱のそばに立っているのが見えた。
そこまで歩くと、また少し先の方に、精霊が立っていた。
「こちらですよ。」と言われているようだった。

神社に到着すると、一台の車が神社から出て行くのが見えた。
きっと車が出るのを待つために、道を大回りさせられたのだと感じた。
鳥居をくぐると、光の存在たちが横一列にずらっと並んで、私たちを迎え入れてくれた。
「ああ、ここに間違いない」と思った。自然と涙が出た。
そしてカラスが3羽いて、鳴いていた。
これも一つのサインだと思った。
カラスたちは、私たちが近づいても逃げようとしなかった。

3418600
(札幌村神社)

参拝を先に済ませ、境内を見渡し、どこで柱を建てるのだろうと見ていた。
先ほどのカラスの一羽が、境内の一本の木に止まった。
まるで、「ここですよ!」と言っているかのように、見えた。
その木の下に、赤い実がたくさん落ちていて、赤いじゅうたんを敷いたようになっていた。

私はその木で柱を建てるのだろうと感じていたが、担当の寺本さんが言うまで黙っていた。
彼女は辺りを感じながら歩いていたが、「たぶん、この木だと思う。」と私と同じ木を言い当てた。
この木を囲んで、光の柱を建てるのだと思った。

今回の神社は街中にあるので、人通りもあり、地元の人たちが何人も、神社に参拝している姿を見た。
この神社は地元の人たちに、愛されているのだと感じた。
人通りがなくなるのを待って、私たちは木を取り囲んだ。

日光の杉の精霊たちが、今回もやってきてくれていた。
今回は寺本さんの希望で、木に抱きつきながら柱を建てた。
龍の彫り物の水晶を、寺本さんに渡した。
すると彼女は「なんだか、踊りたくなった。」と言って、インディアンが踊るような、ドンドコ、ドンドコというリズムで、木を一周した。
その姿はちょっと滑稽で、私とOさんはクスッと笑った。
そして3人で、木に抱きついた。
木の周りに静かに、光の柱が建って行くのが見えた。
私たちは柱の中にいる形になった。

3418601
(木を取り囲むように、光の柱が建っている)

私は目をつぶっていた。
心地よい空間にいるようで、気持ちいいなあと思いながら、立っていた。
その時ビジョンが見えて、私たちの周りを、精霊たちが取り囲み、拍手をしているのが見えた。
そして拍手の音、パチパチという音がすぐそばで聞こえたので、驚いて目を開けた。
パチパチという音は、雨の音だった。
拍手のような雨が、一瞬降った。そしてすぐにやんだ。
雨が葉に落ちる音が、たくさんの人が拍手をしたように、聞こえた。


これで終わった・・・。これで、全ての光の柱が建った・・・。
私たちは無事に光の柱が建った安堵感に、包まれていた。
あんなに曇っていたのに、日がさしていた。
これもいつもと同じだった。

お役目を果たす事が出来た喜び、そして龍の仲間と光の存在たちと一緒に、柱を建てる事が出来た幸せを、私たちは噛み締めていた。
龍としてこの半年間を過ごし、巫女として龍を身体に入れてきた。
お役目が終わると、龍は私たちの身体から出て行った。
その事に寂しさを感じたが、龍は身体を出ただけで、そばにいてくれた。
今でも私たちのそばにいて、私たちを見守ってくれている。

ありがとう、龍たち。
ありがとう、光の存在たち。



人気ブログランキングへ
  [ぴかぴか(新しい)]共感していただけたら、クリックをお願いします
nice!(3) 

光の柱プロジェクト 終了の報告 [光の柱プロジェクト]

12月12日(土曜)、北海道札幌市に、最後の光の柱を建て終わった。
九州から始まり、北海道まで計10個の柱を建てた。
これで今回のプロジェクトは、無事に終了した。
詳しくは、おいおいブログで綴って行こうと思う。

柱を建て終わるまで、様々な出来事があったが、そのどれもが私たちを成長させるものであった。
すべてのものに、感謝したい。
これで光の柱が日本を網羅し、それが龍の形となり、龍が動き始め、アマテラスさまが活動を始める。
私たちは柱が建った次の日から、素晴しい経験をして、柱が建ったという事を、自分たちの経験を通して実感している。



光の柱が建つ前のこの世は、闇のもやのようなもので覆われたいたように感じる。
そのために、光の存在たちが、人間に近づきたくても、厚いベールがかかった状態で、なかなか思うように活動できなかった。
けれど光の柱が建つ事によって、覆われていたベールがなくなり、ダイレクトに人間に近づく事が出来るようになっている。

これまでにないほど、光の存在が私たちのそばにいるという事を、証明しやすくなったのだと、感じている。
だから是非やって欲しいのは、光の存在に話しかける事。
話しかけたり、存在を感じたりする事が、今までより楽に出来るようになる。
これまで儀式を必要としていたものが、儀式なしでもすぐに光の存在とつながる事が出来るようになる。
純粋な願いが、すぐに聞き届けられるようになる。

私たち龍も、光の存在を今まで以上に身近に感じている。
すぐそばにいてくれるのを、何らかのサインで、感じる事が出来るようになっている。
光の柱が日本全国に建ち、重いベールが取り払われ、光が満遍なく注がれている。
そんな状態を、想像して欲しい。

光の道を歩んでいる人にとって、これからの世は、喜びに溢れるものとなるだろう。
あなたの周りに、たくさんの光の存在が来ている事を、心から実感できる日が続くだろう。
光に沿って生きている人誰もが、光の存在たちを感じ、光の存在たちと生きる事が出来る世界へ、入っていくだろう。

そんな世の中が、ついにやってきた!
こんなに嬉しい事はない。



人気ブログランキングへ
  [ぴかぴか(新しい)]共感していただけたら、クリックをお願いします。
nice!(3) 
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。